性病についてのQ&Aカテゴリの記事一覧

性病についてのQ&A


性病についてのQ&A


Q:性感染症(STD)を予防するにはどうすればいいですか?

A:
セックスの際には必ずコンドームを使用してください。

しかし、コンドームをつけていれば絶対大丈夫というわけではありません。
不特定多数の人と性交することも感染する確率が高くなります。

特定のパートナーとコンドームを使用してのセックスが望ましいです。



Q性感染症(STD)はセックス以外でも感染しますか?

A:
ほとんどの場合、直接性行為で感染しますが、
セックスという行為でなくても、口と性器の接触(オーラル・セックス)や
皮膚、陰毛の接触(毛じらみ)でうつる病気も性感染症に含まれています。

握手や、せき・くしゃみ、トイレや缶の回し飲みなどでは、
感染することはありません。



Q:1回のセックスでも感染しますか?

A:
1回の性交渉で妊娠することがあるように、
相手が性感染症にかかっていれば、1回の性交渉でも性感染症(STD)に
感染することがあります。

うつらない場合もありますが、
誰でも感染する可能性があるということです。



Q:性感染症にかかったかもしれないと思ったときは、
検査、治療をどのようにしたらよいのですか?

A:
泌尿器科、産婦人科、皮膚科、性病科などで検査・治療を行っています。

治療については、早めに治療すれば治りやすく、
それぞれの感染症に有効な治療法があります。

大事なことは、パートナーも同時に検査し、治療することです。

つまり、性感染症は性行為で感染しますので、
パートナーが治っていなければ、自分だけ治療しても、また感染がおこります。



Q:自分は病院でクラミジアと診断されました。

彼女は何の症状も出ていないので、感染していないということですか?

A:
女性にクラミジアが感染した場合、おりものが増えることがありますが、
ほとんど症状がありません。

パートナーの方も感染している可能性は充分あります。
婦人科のある病院を受診してください。



Q:性感染症の検査は、恥ずかしくて抵抗があります。

A:
医療機関では、病気の経過や症状を聞き、
診察や検査を行いますが、プライバシーは守られます。

心配があれば、医師に不安であることを話し、
納得した上で診察を受けて下さい。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。