いぼ痔についてカテゴリの記事一覧

いぼ痔について


いぼ痔について


いぼ痔とは、肛門にあるクッション組織のうっ血や血管が切れたりして、
肛門の中に痔核とよばれるいぼ、いぼのようなものができます。

これが「いぼ痔」と呼ばれるものです。

また、痔の症状で一番多い(痔の症状の6割近くを占める)のが、
痔核いわゆるいぼ痔です。


痔核の形としては、いぼ痔といわれるように、いぼ状のものです。

痔核はそのいぼができる場所によって、外痔核と内痔核のふたつに分類されます。
外痔核と内痔核にはそれぞれ症状が違うなどの特徴があります。

肛門のふちより1.5cmほど奥にある歯状線とよばれるぎざぎざした部分
より外にあるのが外痔核、奥にあるのが内痔核とよばれます。


いぼ痔の症状


・外痔核

外痔核は、便秘で排便をするときにいきんだり、
重いものを抱えたりするときに起りやすいとされています。

ですので、便秘にならない食事を心がけたり、
いきなり腹圧がかかるような動きはなるべく避けるべきです。

また、外痔核はいぼができる場所が体性神経のあるところですから、
ほとんどの場合に激しい痛みを伴います。

薬を使用して1週間程度で症状が改善され、
症状がひどくない限り、神経質になって切除しようとしない方がよいでしょう。


・内痔核

内痔核は、歯状線より奥(直腸に近い側)にできる痔の種類です。

外痔核と違い、あまり痛みは感じないという特徴があります。
外痔核と同じくいぼができるわけですが、
痛みをあまり感じないため、
出血やいぼが肛門にでてきて初めて気付くというパターンが多いようです。


内痔核も症状がひどくなければ手術を行うことはあまりありません。
痔用の外用剤で治ることがほとんどです。
したがって、痔核の脱出の方が本当の治療の目的となります。

脱出の程度によって治療方法が異なります。

便を出した後に痔核が肛門から脱出するが、
立ち上がるといつのまにか戻っている時は痔用薬剤や輪ゴム結紮法がよいでしょう。

しかし、脱出した痔核を指で戻さないといけないようになったら手術も考えて下さい。
手術は結紮切除法というのが基本的な手術法です。



いぼ痔の予防


・毎日おふろに入る

お風呂に入ると体が温まり、血行がよくなります。また清潔になります。


・おしりをきれいに保つ

おしりを汚くしておくと細菌が繁殖し、かゆくなったり炎症を起こします。
排便のあとは、できるだけきれいにしましょう。


・便秘・下痢に注意

便秘をすると硬い便がたまって、肛門を傷つけることがあります。
また排便のとき強くいきむため、肛門付近のうっ血をきたします。
下痢は肛門を刺激し、不潔にもなり、細菌感染をおこしやすくします。


・トイレで強くりきまない

排便のとき強くりきむと、肛門のうっ血や出血をきたすことがあります。

また力仕事とか過激なスポーツなども、
肛門に負担がかかるので痔の心配のある方は注意した方がいいでしょう。


・腰を冷やさない

腰を冷やすと肛門の血行が悪くなるので、よくありません。


・座りっぱなしはよくない

座りっぱなしや立ちっぱなしでいると、肛門のうっ血をきたすことがあります。
長時間座る仕事の人は、こまめに休憩をとり軽く体操して、血行をよくしましょう。


・酒、コショウ、からしなどの刺激物は控え目に

酒などのアルコール類、コショウ、からしなどは肛門を刺激し、
うっ血をきたします。できるだけ控え目にしましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。