痔の種類カテゴリの記事一覧

痔の種類

痔の種類


痔には、「お尻がキレる」「出血」「座ると痛い」「恥ずかしい病気…」など、
他人にはあまり知られたくないイメージがあります。

日本人の3人に1人は、痔でお悩みだともいわれています。

おじさんに多い病気かと思もわれがちですが、
実は若い女性でも痔でお悩みの人はたくさんいらっしゃいます。

たとえお尻が痛くても、出血しても、恥ずかしさからなかなか病院へ行けず、
そして悪化してしまう人も多いようです。


痔の種類には大きく分けて3通りあります。

・いぼ痔

痔の中でも最も多い症状です。押すと鈍い痛みがあり、
ほとんど出血はありません。

排便時や長時間座りっぱなしなどで刺激を受けた肛門の血管が、
部分的に腫れていぼ状になったものです。


肛門の歯状線の部分より、外側にできたものを外痔核、
内側にできたものを内痔核という。内痔核は痛みがないが出血しやすく、
外痔核は出血は少ないが痛みがあるという特徴があります。


・きれ痔

排便時に痛みとともに少量の出血があります。

肛門縁(肛門の出口)から1.5cmほどの所は表面が皮膚に似た上皮で
覆われていて、きれ痔と呼ばれます。
この部分にできた傷を裂肛(きれ痔)といいます。

主に便秘で硬くなった便を無理に出そうとする時に肛門が裂けたり、
便で傷つけることが原因です。


・痔ろう(あな痔)

押すと痛くかゆみと熱感があり、血と膿が混じって出てきます。

肛門の内側に細菌が入り炎症をおこします。
ひどくなると、化膿して膿が出てきます。

早めの発見が症状を悪化させない事につながります。痔ろう(あな痔)は、

自宅療法や薬では治りにくく、ほっておくと肛門ガンになることもあるので、
手術するしかありません。


痔の患者さんは、いぼ痔が60%、きれ痔が30%、いぼ痔ときれ痔の併発が9%、
痔ろうが1%だともいわれています。

痔で手術が必要なのは相当ひどくなった状態です。
やはり病院へ見せるのが遅くなれば遅くなるほどひどくなり、
手術ということになりかねません。

確かに肛門科の病院へ行くのは多少勇気がいることではありますが、
痔の手術を避けるためにも早めに受診するようにしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。