毛じらみについてカテゴリの記事一覧

毛じらみについて


毛じらみについて


毛じらみの原因は1〜2mmのしらみが陰毛に寄生することによるものです。
性交渉以外でもベットやタオルを共用したり、
プールやサウナで感染する事もあります。


一時期減少していましたが、90年代半ばから再び増加の傾向にあります。

潜伏期間は1〜30日です。

毛じらみが血を吸うため、陰毛の生えている部分の皮膚に赤い斑点を
伴った激しいかゆみがあります。

主に、陰毛に毛じらみが寄生した人とのセックスで感染します。


毛じらみの症状

陰部や陰毛などの毛の根元が「かゆい」「痛がゆい」となります。
それは毛じらみが吸血をすることで激しいかゆみに襲われます。

毛の根元に寄生し1日数回吸血します。

毛じらみが成長したり、毛じらみの数が増えてくると、
どんどんかゆみが激しくなります。
時には痛みが加わり痛かゆいと感じます。


毛穴が灰色の斑点状に見える

毛じらみは「かゆみ」の症状の他に目で見る事もできます。
1mm〜2mm程度なので最初はわかりにくいですが肉眼でも見えます。


毛じらみの形はカニに似ており3対の足があります。
卵が毛と皮膚に白く点状物として付着しているのが見えます。



病院での毛じらみ検査・治療

毛じらみの卵を検出します。
スミスリンパウダーかスミスリンシャンプーを使い10日ほどで治ります。

しかし、卵には効かないので、
孵化にかかる1週間程度の間隔を空けて数回行う必要があります。

陰部を剃毛して軟膏を塗ります。
また卵の孵化の時期を待って殺虫する治療法もあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。