クラミジアについてカテゴリの記事一覧

クラミジアについて

クラミジアについて


クラミジアとは、セックスにより
クラミジア・トラコマティスという病原体に感染する病気です。

16歳〜25歳の若い世代の男女に多い性感染症です。

厚生労働省で行ったクラミジアの検査データによると、
2001年から2005年までで約2倍の約4万3千人に増えています。

さらに、クラミジアに感染している人は、HIVに感染しやすく、
クラミジアに感染していない人と比べると、
約3.4倍もHIVに感染しやすくなるというデータもあります。

クラミジアに感染しているということは、
それだけで病気以上のさまざまなリスクを背負うことになります。

クラミジアはセックスやオーラルセックスなどによって感染します。
男性の尿道、女性の子宮頚管など性器周辺だけでなく、
咽頭(のど)にも感染します。

オーラルセックスの際に咽頭にクラミジアが感染している
ケースもよくあります。

潜伏期間は数日ですが、感染した病原体が少ないと
1ヵ月ぐらい後に発病することもあります。

男女とも症状が軽いため気づかないことも多く、
そのため感染を拡げてしまうことになってしまいます。

特に女性の場合は症状が出にくいために、
はじめは子宮の頸管部に起きた炎症(子宮頸管炎)が子宮内膜、
卵管、腹腔内へと体の奥へ奥へ広がる恐れがあります。

女性に比べると男性は症状が出やすいですが、
放っておいても自覚症状が消えてしまうので、
治療を受けなかったり勝手に中断してしまう人が多く、
これも体の奥に入り込み、前立腺に膿を持ったり、
睾丸に感染して不妊症の原因になったり、

周囲に感染を拡げる原因となっています。



クラミジアの症状

症状は淋病に似ていますが、軽度です。

男性の場合

約半数に排尿困難、排尿時の痛みがあります。
尿道口より最初は薄く次第に濃くクリーム状の膿が出ます。
前立腺炎、副睾丸炎を起こすこともあります。


女性の場合

約2割に、おりものの増加や下腹部痛が見られます。
進行すると子宮、卵管と炎症が進み不妊の原因となることもあります。
病院でのクラミジアの検査・治療
血液検査、尿検査、膣分泌物検査、どれでも調べれます。


男女共に尿検査でかなり正確な検査結果が得られます。

検査手法には、遺伝子診断法(DNAプローブ法、PCR法、LCR法)、
血清学的診断法(抗体検出法)などがあります。

クラミジアは、抗生物質の内服による治療を行います。
治療期間は1〜2週間程度です。
治療をしない場合でも1ヶ月程度で症状が治まる事もあります。
症状がなくなっても治っているわけではありませんので、
必ず治療をして下さい。

そのままにしておくと感染者を増やすばかりではなく、
不妊症の原因になります。
クラミジアの治療には、パートナーの理解と協力が必要です。
本人だけが完治しても、パートナーが治療をしていない場合は
再発を繰り返す可能性が強くなります。
パートナーも一緒に検査を受けて同時に治療を行う必要があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。