性感染症とはカテゴリの記事一覧

性感染症とは


性感染症とは


性感染症(STD)とは性行為によってうつる病気のことです。
決して、特別な病気ではありません。
最近、特に若者の間で性感染症(STD)は増加傾向にあります。


性感染症(STD)の原因はウイルスや細菌などさまざまで、
たった1回のセックスでも感染してしまう可能性があります。
最近では、STD(Sexually Transmitted Disease)と呼ばれています。


治療しないでいると・・・

不妊症の原因になったり、胎児に感染することも…。

男性の場合は、おしっこをすると痛かったり、膿が出たりします。
女性の場合は、おりものの量が増えたり、状態がかわったりします。

また、においなどが発生しセックスに支障がでます。


それ以外にも、皮膚にいぼやしこりができるなど、
さまざまな症状があります。

最近では自覚症状が出にくい病気も増えてきています。

いずれにせよ、おかしいと思ったら早く病院へ行って治療することが大事です。性感染症(STD)の危険をきちんと認識して、予防・治療をすることが、あなたとあなたのパートナーや子どものために大切です。



性感染症(STD)の種類

梅毒、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、淋感染症、
性器カンジダ症、尖圭コンジローム、軟性下疳、膣トリコモナス症、
性器伝染性軟属腫、鼠径リンパ肉芽腫、HIV感染症・エイズ、
毛じらみ症、B型肝炎、C型肝炎

性感染症(STD)の症状


排尿痛、かゆみ、におい、水泡ができる、膿が出るなどの
症状があったらすぐ受診しましょう。
放っておくと重症化することもあります。

性感染症は性器のみならず、肛門領域にも発症し生殖器、
肛門部の双方を同時に診療できる
クリニックが望ましいと考えられます。


女性の場合、性感染症(STD)にかかると、
まず大抵、おりものに変化があらわれます。
その他、外陰部の痛みやかゆみ、できものなどがあれば
感染の可能性は高いでしょう。

日頃からおりものの色や量などをチェックして、
おかしいと感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。


「恥ずかしいから・・・」とそのまま放っておくと、
知らず知らずのうちに進行してしまい、不妊症の原因になったり、
妊娠している場合は赤ちゃんに危険が及ぶことがあります。


性感染症(STD)症状チェック

一つでもあてはまったら、性感染症(STD)の疑いがあります。

病院で検査することをおすすめします。

・男女共に現れやすい症状
・性器付近がかゆい、痛みがある >>> 毛じらみ・疥癬、性器ヘルペス
・性器付近に水疱やいぼ、しこりがある >>>尖形コンジローム、性器ヘルペス
・発熱や喉の痛みが繰り返し起こる >>>淋菌やクラミジアの咽頭感染
・足の付け根にグリグリがある >>>梅毒、ヘルペス、エイズ
・性器に痛みかゆみのない湿疹ができてすぐ消えた >>>梅毒


特に男性

・排尿時に痛む、尿道から膿が出る >>>クラミジア、淋菌感染


特に女性

・おりものの色や量、においが普段と違う >>>クラミジア・淋菌感染症、カンジダ性膣炎 (※厳密にはカンジダ性膣炎はSTDとはいえないが、STDがあるとかかりやすい)
・膀胱炎を繰り返す >>>クラミジア・淋菌感染症



性感染症(STD)の治療

ほとんどの性感染症(STD)は、健康保険の範囲内で、
ほぼ必要な検査と治療は受けられます。
ですから、恥ずかしがらずに病院を訪ねてください。

男性の場合、尿、尿道分泌物、血液から、
女性の場合、おりものや血液の検査によって診断することができます。

治療には膣坐薬や軟膏、内服薬などを使用します。
病気によっては治りにくいものや再発をくり返すものもありますので、
完全に治るまで10日〜2週間、
長いものだと数ヵ月程度かかるケースもあります。
医師の指示に従って根気よく治療を行います。


性感染症(STD)にかかっていることがわかったら、

必ずパートナーに話して検査を受けてもらうようにしてください。
あなたが治ったとしても、またパートナーからうつされてしまっては
何の意味もありません。

性感染症(STD)の治療の原則は“パートナーと一緒に治療する”こと。

自分のからだのことを大切に思うなら、相手に伝える勇気も必要です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。